スポンサーサイト

  • 2018.02.10 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • スポンサードリンク

今日も日曜日が終わった

  • 2014.05.19 Monday
  • 02:27
こんばんは〜
この土日、100キロハイクがあったようです!
さっき早稲田キャンパスに続々と本庄の地から帰ってくる早大生をみました。
涙なみだな人も…おかえりなさい、ほんとに。

早混からも何人か色んな枠で出ていたんです。
まず我らが男声内政矢内くん、100キロ歩いたあとにも関わらず参加者の荷物の仕分け(?)してて
いやはやタフすぎる、と思いました。
夜の大隈講堂前で学帽被った彼を発見しました。はやくお風呂入れるといいね。
というか入ってね。

なんと新練に来てくれている新入生も!ニコ
鯛焼きの顔だけキグルミと金の全身タイツ…おつかれと声をかけカメラを向けると、
「最後の笑顔です」と振り絞って素敵な笑顔をみせてくれました。
「削られました、最後なんか削り合いです。」
きっと参加した人にしかわかりえない表現なんだろうな…
なにか痛切なものを感じた高坂でした。

寮の仲間で出場した子も。わりと飄々としていて
「来年もあるいちゃいますね。」と日焼けした顔で爽やかに答えてくれました。
あとはもうひとり、女の子がお手伝いで参加していた模様。
会えずじまいでした…学ラン姿みたかった!!

ともあれ、みんな無事に早稲田へ帰ってきたようでよかった。トランク
今年で51回目だという100キロハイク。
早稲田らしいイベントのひとつだよね。
閉会式、総長来たのかな。



高坂はといえば早混OBOG合唱団の演奏会のお手伝いへ行ってまいりました。
四ツ谷は紀尾井ホール。いいホール。
今回の仕事はなんとアナウンス。といってもステージのコンセプト5行ほどですが
自分でマイクをオンにする機械に興奮、そして緊張で
ものすごいスピードで喋り噛み、「落ち着け」と言われました。笑
初めてのアナウンス、ポカリを飲んでのどを潤してみたり
咳をかるくしてみたり「それっぽく」挑戦しました。

本番はなんとか!

いやあ演奏会のお手伝いをすると、改めて
演奏会ひとつ作るのにも、これだけ人の力がないと開演することすら難しいんだな、
有り難いことなんだな〜と気づきます。

話はOBOGへ戻ります。早混愛唱曲集の完成を記念したステージ、
曲目をみると私たち現役にもなじみのある曲名が。
50年ほど先輩たちも同じように歌っていたんだなあと思うと不思議、つながってるなあ。

たとえば木下牧子作曲、三好達治作詞の「鷗」
明日の新入生練習でまさに練習しようという曲です。
早混で愛唱曲として歌いつがれてるんですね。
とても大事にされているんでしょう。新入生のみんなも気に入ってくれることを願って。
今日はこのへんにしておこう〜。



おやすみなさい

スポンサーサイト

  • 2018.02.10 Saturday
  • 02:27
  • -
  • -
  • -
  • スポンサードリンク
コメント
コメントする

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM